応募総数646件に上る「第1回めぶきFGビジネスアワード」において奨励賞を受賞しました。

AQUAPIGと「めぶきビジネスアワード」奨励賞

6月16日水戸市内で行われた、めぶきフィナンシャルグループ(FG)と傘下の足利銀行(松下正直頭取)、常陽銀行(寺門一義頭取)主催による「第1回めぶきビジネスアワード」表彰式において、中里建設㈱が策定した新事業プラン『アクアピグ工法の発展拡大による創業100年に向けたビジネスモデル』が奨励賞を受賞しました。

同アワードはめぶきFG発足記念として、地方経済の活性化につながる成長分野等における革新的・創造的な事業プランを表彰するビジネスコンテストとして、2016年12月1日~2017年1月31日に募集したものです。

応募総数は実に646件に上り、各行が単独で実施してきた合算実績を約3割上回るほどの関心を集め、その中から最優秀賞1社、優秀賞3社、特別賞5社、奨励賞19社合計28社が選ばれました。めぶきFGでは受賞した新事業プランの実現のために、資金調達や販路拡大等一貫した支援を行います。

今回中里建設㈱は、特許取得済みである『アクアピグ工法』の発展拡大による、創業100周年に向けた、持続可能な新たなビジネスモデルの構築のためのビジネスプランを策定し応募しました。

今後は本計画の実施により、これまでの建設業に止まることなく、洗浄道具"ピグ"を製造販売する"物販流通業"といった業種の追加や業態の変更を視野に入れながら、売上げを一気に伸長させるような体質改善・強化を計り、持続可能な新たなビジネスモデルを構築してまいります。

「めぶきビジネスアワード」奨励賞

下野新聞「めぶきビジネスアワード」記事
下野新聞「めぶきビジネスアワード 初の栄誉県内外28社」
2017年6月17日