水道管内特殊洗浄 「アクアピグ工法」 を開発

中里建設(株)はこのほど、土木工事を必要とせず断水や交通規制等の日数を抑制する
水道管内特殊洗浄工法「アクアピグ工法」を開発しました。

2月21日に栃木県下野市で行われた公開施工には、県内外から水道関係者約20人が参加し、
施工を見学しました。

施工では、石橋第10号井導水管内(DCIP・SGP-VB、口径φ150~200mm、延長1950m)
ボール式補修弁からアクアピグを3回に別けて投入。
1回あたり約50分をかけて洗浄しました。

また翌週25~27日に茨城県坂東市で施工した配水管洗浄においても
その高い洗浄力が実証されました。

中里建設ではこれまでに累計延長1万8527mの上水道管路内をピグ洗浄した実績があります。
コストと施工性の優れた同工法に全国の水道事業者から注目が集まっています。


20130305nihonkogyokeizaisinbun_s.jpg

(2013年3月5日:日本工業経済新聞)


新聞広告は以下よりPDF版でお読みいただくことができます。
文字が小さく読み難い場合は、PDFのズーム機能をご利用ください。

『日本工業経済新聞』記事を見る(PDFファイル:437KB)